今日も麻日和

 麻糸を編むのがとにかく好きです
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | - |

    嬉しかった訪問

    0
      ゴトゴト片づけをしていたら、ピンポーン。
      なんと、ママうさぎさん!!
      退屈していた私に嬉しい訪問者。

      「すっと帰るき」って言うけど、ちょっと居って欲しい私。
      ちょっとちょっと、ってリビングまで入ってもらって。
      息子を見てもらいつつ、ゴソゴソ麻を出したりなんかして。
      嬉しい。
      話が出来るだけでも嬉しい。

      「お乳のこともあるし…」って、お芋の蒸しケーキとお芋のようかんをお土産で持ってきてくれてました。



      ありがとう!!
      あと10日くらい乗り切れそうだわ。



      そうそう、ママうさぎさんのブログに載せてもらった…。



      私が出産前、最後に編んだ大きな麻バッグ。
      肩掛けタイプです。
      お花は、気分で付け替えてもらおうと思って2個。

      新居のベランダかな? 
      綺麗に撮ってもらってます。

      このバッグを編んでたのはちょっと前のことなんだけど、
      何かもう懐かしい気がします。 
      出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      最後の晩餐から初めましてまで

      0
        10月3日の日曜日。

        ママうさぎ家の完成お食事会へ参加したくて、家族に反対されて…。
        そんなやり取りを金曜日から続けていた我が家。
        やりたい放題な妊婦を心配しての反対だとは分かっていましたが、行きたい気持ちも強くてね。
        最後は、お父さんが迎えに来るってことで、参加決定。

        朝からすごい雨だった日曜日。
        「嵐の日は生まれる」って前に聞いた言葉が頭をチラリとかすめたり…。
        買い物でイオンに行った帰り、北部環状線が川になっててびっくり。
        ママうさぎ家の前も冠水してるって連絡が。

        でもまあ、準備準備。
        ピザを焼こうと思って、トッピングを切ってタッパーヘ。
        大好きなナスミート用のナスも炒めたし。
        ピザ生地は伸ばしてクッキングシートで重ねて、ケーキの箱へ。
        準備完了。



        で、時間が余ったから、焼いてみました。



        アップルパイと、チーズケーキパイ。
        チーズケーキと言いつつ、ヨーグルトの水抜きチーズ使用。
        最近、これがさっぱりしててお気に入りです。

        夕方3時過ぎ、無事に水も引いて、お食事会も予定通り開始。
        ママうさぎ家の新品コンベックに初めて火を入れて、ピザも焼いて。
        みんなで食べたら美味しい、楽しい。

        妊婦はアルコール自粛で、アルコールフリー。
        これ、カロリーもフリーらしい。



        いろんなの出てるねぇ。

        そんなこんなで、約6時間食べて、喋って、飲んで。
        妊婦が2人いたから、なぜか話題は出産のことばかりで。
        お腹を抱えて大笑い。
        子供たちはお風呂も入れてもらって。
        夜9時前、お父さんのお迎えで帰宅。
        子供たちを寝かして、お風呂に入って、11時にはお布団に。
        今日も、生まれなくて良かった良かった。


        10月4日の月曜日。

        午前1時半過ぎ、お腹が痛くて目が覚めました。
        トイレに行ったら、おしるし? ちょっと出血してました。
        お父さんを起こすけど起きてくれなくて。
        とりあえず、次女の保育園の荷物を準備してたら、ズキーン。
        きたきた。これこれ、って感じ。いきなり10分間隔。
        病院へ連絡したら、「ざんじ来てください。」
        お父さん起こして、姑さんを呼んで、2人の子供を残して家を出たのが午前2時過ぎ。

        救急外来から入って、お父さんが車を回すのを待ってたら…。
        待てん…、痛い…。
        病棟へ上がって、診察してもらったら「4センチ開いてるね、入院ね」と言われ。
        でも、もう生まれそうなんですけど。
        入院じゃなくて、分娩じゃないかと…。

        お父さんがやっと追いついてきて、2時半頃に分娩室へ。
        唸るように痛がり出した私を見て、「ご主人さん早く入院手続きしてください、間に合いませんよ」って言われて走って行ったお父さん。

        痛い…、痛い…、早く戻ってこい。
        ちゃんと見ちょけよ…。

        「先生起こしてきて、もう頭が来た」
        「ご主人さん早く枕元へ、手を握ってあげて」
        「あら、破水したね」
        「頭出ましたよー」
        「はいー、生まれましたー」

        おぎゃーおぎゃーおぎゃー

        10月4日、午前2時56分。
        3362グラムで待望の長男が誕生。

        はあぁ〜、生まれた〜〜

        「あはは、早かったわねー」
        「丸々とした男の子ですよー」
        「まあ、元気元気。あはは。」
        「僕は自分で決めて生まれてきたねー。早かったねー」
        「ほほ、本当に早かったわね。さっき診察に来たばっかりでしょう。」

        助産師さんもお医者さんも、なぜかみんなが大笑い。
        笑っちゃうくらい早くて、笑っちゃうくらい安産だったらしい。
        私はとっても痛かったぞ。
        でも、無事に生まれて良かったぁ。

        毎回、10分くらい痛がったら生まれると思ってるうちのお父さん。
        そんなものと思われるのが悔しいけど、長持ちせんがよね私。

        笑い声に包まれて、仏滅の日に生まれた僕。
        こんなに素敵な人生のスタート。
        きっと笑いに満ちた幸せな人生だと思うわ。




        病室は4人部屋だけど、患者は私1人。
        がら〜んと寂しくて。
        「生まれましたメール」を送るけど、しんどくなって中途半端に送信。
        2人でひたすら寝た月曜日。


        部屋を移って、泣き狂われた火曜、水曜。
        ベッドの上で抱いたまま眠り、助産師さんに起こされる。
        何回「預かりましょうか?」と言われたことか。
        でも、これを越えたらお母さんを信頼してくれて楽になるがよね。

        そして、10月7日の木曜日。
        飲んだら眠る。天使のような寝顔。
        「お母さん、頑張りましたねぇ」
        かまんかったら4日目で退院したいんですけど…。
        「当日の判断になりまね。赤ちゃんの診察とお母さんの診察で」



        待ちに待った、8日の金曜日。
        3日目までに330グラム減った体重も、4日目で120グラム増加。
        飲んだね〜。
        「黄疸もないし、お母さんも順調で、退院出来ますね」
        やったぁー!!

        お昼ご飯は、お祝膳。



        豪華に見えるけど、なかなかヘルシー。



        当直明けのお父さんが迎えに来てくれて、昼過ぎに退院。



        その足で、佐川の斗賀野へ。
        早くお乳が出るように頑張りすぎた反動で、お乳はカチカチに。
        邑田さんに助けてもらわないと…。

        「まあ、頑張りましたね。僕も飲むのが上手」
        褒めてもらって、マッサージしてもらって。
        いつものオリジナルブレンド茶をいただいて。



        「一時は来れないだろうから」と、豆腐としょうがの湿布を作ってお土産に持たせてくれました。

        そしてやっと我が家へ帰宅。
        2人のお姉ちゃんが駆けて来た。
        お留守番、ありがとう。

        そして、宅急便が相次いで2つ。
        1つは出産祝いのプレゼント。
        もう1つは、520メートルの麻紐3玉!!



        あはは、今日届くとは…。

        4日ぶりに並んで寝たら、5人に増えてた。
        お父さんは僕の名前をまだ悩んでる。
        長女と次女は勝手にもう「しょうちゃん」って呼んでいる。
        届出期限までにはまだ10日もあるから大丈夫。

        超早かった出産と、退院。
        無事に生んで帰って来れて、何より有難いことでした。
        出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

        箱入り妊婦

        0
          10月1日の金曜日。

          お父さんやら母が「車には乗るな」「出歩かないように」と、なかなか大事にしてくれるもんで、毎日退屈です。

          水曜日に編み始めた特大マルシェバッグも、後は持ち手だけ。



          バケツのようです。




          午前中に、突然友達から訪ねて来てくれるって連絡があって。
          なんと、景撞椶らお昼をテイクアウトしてきてくれた!!



          ビビンバ丼、チジミ、韓国の巻き寿司。
          ああ、美味しい。
          ああ、幸せ。
          ありがとう、ありがとう。
          こんなサプライズ、いつでも歓迎です!!


          ちょうど仕上がった小さな麻バッグ。
          色も形も好みだと言ってくれて良かった。



          また来てね〜 
          出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          2歳の誕生日

          0
            今日、次女が2歳を迎えることが出来ました。

            朝から長女は、「妹の誕生日やき」って、張り切ってて。
            教室でも話して、クラスみんながハッピーバースデー♪を歌ってくれたらしい。

            夕方には、「早くご飯を食べよう、誕生日会はケーキから」と長女が仕切り始め。
            ご飯を早々に済ませて、お待ちかねのバースデーケーキ。
            いつもの、「いちごみるく」のアンパンマン。 



            次女が大喜びして、6分の1くらい1人で食べてしまった…。

            それから、「ケーキを食べたらプレゼントね」と進行役の長女。
            私が預けてたプレゼントを渡してくれた。

            長女からは、今日遊びに行ったお家で作らせてもらったキーホルダー。
            絵本からプラスチックに絵を描き写して、トースターで焼いたらしい。



            なかなか可愛いから、新しい水筒の名札として使うことにしようかね。


            子供たちが寝た後に、帰宅したお父さんとケーキを食べながらプレゼントの新しい水筒と古い水筒並べて、次女が喜んだことを話したら。
            「それって、長女が保育園へ入った時からずーっと使いよったよね」って、お父さんもしみじみ。



            よく見たらキズだらけで、時々水漏れしてたし。
            良い引退時期だったみたい。


            お腹の赤ちゃんは両親の予想を超えて予定日2週間前をクリア。
            もし待ってくれるなら、10月9日の次女の初運動会を見たいと思ってしまう母なのです。
            出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            靴を買いに

            0
              玄関で長女の靴を見てびっくり。
              破れてる。
              去年、サッカーを始めた時に母がプレゼントしてくれたスニーカー。
              長女がすごく気に入って、ずっと履いてたけどさすがに寿命。

              遊びに来てくれた母にお願いして、イオンへ。
              長女といろいろ見て回ったら、
              「キャラクターは恥ずかしい」
              「キラキラも恥ずかしい」
              「ちゃんとした靴がいい」
              って、なんか言うことが真面目というか子供らしくないというか…。

              なかなか決まらなくて、ちょっと疲れたけど、最後は
              「これ早く走れるらしいよ」って言ったら、即決。
              ちょっと流行の『瞬足』です。
              でも、ピンクは恥ずかしいって、水色に。



              試着していたら、次女が試着用の椅子に座りたがって大暴れ。
              長女の靴が決まった後も、次女は椅子に座って満足げ。

              でも、ふと気づいたんです。
              私は次女に靴を買ってあげたことがない。
              靴屋さんで次女の足を測ってもらったこともない。
              試着用の椅子に座って、満足げに自分の靴を脱いで履き直す次女を見たら何だか切なくなって。
              靴だけじゃなくて、洋服から保育園の持ち物、お弁当箱も水筒も。
              次女は全部長女のお下がり。
              それがすごく助かるし、次女も何も不満もなく喜んで使っているんだけど、次女にも新しい物を買ってあげようと思いました。

              母に子供たちをお願いして、水筒売場へ。
              来週の次女の誕生日プレゼントに、ミッフィーの水筒を買いました。
              この前までは、ミッフィーの絵本が大好きだから絵本にしようと思ったけど、運動会も近いし新しい水筒を買ってあげたくて。

              ラッピングしてもらった水筒は、長女に預けました。
              もしかしたら、次女の誕生日には入院してるかもしれないから。
              次女は、10月12日予定日で、9月29日に誕生。
              今度の赤ちゃんは、10月11日予定日。
              さて、いつ生まれる?

              もう少し、2人の娘を思いっきり甘やかしておいてあげないと。 
              出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

              名月の日に

              0
                9日ぶりの検診。
                ドキドキで過ごした9日間。
                映画に行ったり、ランチに行ったり、結構無謀なこともしたけど、「次の検診までもたんかも」っていう一言はきつかったなぁ。

                お腹の赤ちゃんは3000グラムを超えて、4Dのエコーでもムチムチしてた。
                「いつ産んでもいえきね」
                後2週間、出来れば予定日までおきたいがですが…。
                「そりゃ分らんで、まあ下りてきちゅうし、開いちゅうし。
                 もつかもしれんし、無理かもしれん。
                 とにかく、病院の近くにおってよ。」

                …はい。

                昨日までは、なんだか気持ちが落ち着かんかったけど、ちょっと気が楽になって。
                そしたら出掛けてしまう悪い癖も出てきて…。


                お友達と、鷹匠町の『草や』へ。
                去年のオープンからずっと来てみたかった草や。



                風にたなびく暖簾をくぐって、お庭へ。



                ちょっと早く着いたから、お庭をちょっと歩いてみたら



                どんぐり。
                まだまだ青いけど、足元には去年の大きな実がゴロゴロしてました。


                それから、お待ちかねのお昼ご飯。



                「食べやすくしてみました」と、言われたお魚は巻いてある。
                大根おろしには、お醤油と酢みかんが既に絞られてるし。



                お漬物の種類の多いこと!



                心遣いが行き届いた美味しいお昼ご飯。
                大満足でした。


                それから買い物に向かいつつ、通りかかった愛宕山の日曜社へ。
                ここも来てみたかったお店。
                ガトーショコラが絶品らしい。
                でも、メニューを見て私たちが選んだのは、ケーキ3種盛り。
                せっかくだからねぇ。



                贅沢な眺め!
                アイスミルクコーヒーでいただきました。

                お店の中は古道具がいっぱいで、落ち着いた雰囲気。
                ちょっと坂になった通り沿いのお店で、なんだか一昔前に戻った空気がありました。

                検診で安心してから、美味しいものを食べて、ゆっくりおしゃべりしながら編み物も出来て、濃密な一日でした。


                お彼岸ってことで姑さんが作ってくれたおはぎ。



                天神橋商店街の新月で買ったお団子。



                結局、お月様を見てないけど、今日は中秋の名月。
                しっかりお団子だけ食べた我が家でした。 
                出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                一人っ子を満喫中

                0
                  9月19日の日曜日。

                  朝、母から「あなたも2人連れるのしんどいでしょう。1人預かろうか?」とありがたい連絡。
                  「おばあちゃん家行きたい?」と聞いたら、玄関へ行って靴を履きだした次女。
                  そうかそうか、次女が行きたいか。

                  長女は、上履きを洗ってなんだか朝からお利口さん。
                  だからつい、「映画見に行く?」って言うてしまった。

                  この前見たばかりの『君が躍る、夏』を長女と見てきました。
                  これまた、私の想像以上の反応で。
                  上映開始1時間で泣き始め、最後まで泣き止むことなく…。
                  長女の泣くポイントが、大人と同じところだって気づいて、ストーリーがしっかり分かってるって感心しました。

                  私は2回目だからちょっと余裕が出て、エンドロールの中に職場の先輩の奥さんの名前を見つけてみたり。
                  でも、初回同様大泣きでした。

                  帰り道、「大きくなったら妹とよさこい踊りたい」と長女が言い、なぜか横向いて泣いていた。
                  また、映画を思い出してたのかな。
                  これ程感動してくれて、見に行って良かったなと思いました。

                  夕飯は、「次女がいないから鳥心へ行きたい」と長女のリクエスト。
                  私は、いつもの酢だれ定食。



                  今夜は、お父さんとお母さんに挟まれて眠る長女。
                  久しぶりの一人っ子を満喫中です。
                  出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                  見てきました

                  0
                    水曜日は、レディースデー。
                    映画が1000円で見れちゃいます。

                    行くか、止めるか、悩んで悩んで…。
                    「いつ生まれてもおかしくない」と言ったお医者さんの言葉を思い出しつつ。
                    やっぱり行ってしまった私。
                    でも、行くのが遅くてチケットカウンター前は長蛇の列。
                    並びながら、何を見るかまだ悩んでた私。

                    昔の遠距離恋愛を懐かしんで『ハナミズキ』にするか、
                    受賞で話題の『悪人』にするか。

                    でも、直前になって見てみたくなったのはこれ。



                    『君が踊る、夏』

                    期待以上に良かったです。
                    本当に。

                    高校時代や今も、自分が生活してる所が本当に映画に出てくるって、すごい体験。
                    パーマネント野ばら以上に応援したくなった映画。

                    またヒロインが保育園からの友達に似てて。
                    性格は全然違うけど、なんか友達を見てるみたいでこれまた近親感。
                    見終わって、迷わずパンフレットを買ってしまった。

                    実話を元に作られた話ってあったけど、病気の少女は今年のよさこい本祭の日に高知新聞の一面に出てた女の子かな。
                    見終わって、長女と見ても良かったなぁと思いました。
                    出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                    完成記念に三日月堂へ

                    0

                      夏休みも後2日。
                      最後に工作が完成して、夏休みの宿題終了。
                      完成記念に、長女からの「お母さんともう1回三日月堂へ行きたい!」って、リクエストに応えて、三日月堂へ。

                      いつもの三日月ランチ、デザート付き。




                      2人で美味しく分けました。


                      さて、完成した工作。
                      「ピーターラビットのお庭」



                      左奥の畑



                      その手前には、収穫した野菜の入ったカゴ



                      中央には、家から延びた貝殻と星砂の道



                      右手奥にはきのこの山



                      手前は、家畜の庭
                      鶏、ウサギ、アヒル、子ヤギ…かな?



                      水ゴケとコケ玉を崩して敷き詰めたのが良かったかな。

                      とにかく完成!
                      お疲れ様!!

                      出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      夏休みの宿題も大詰め

                      0
                        8月28日の深夜。
                        次女が寝て、長女と粘土を練り練り。
                        いい加減に工作を仕上げんと、夏休み最後が楽しめん。

                        2人が目指すのは、無謀にも「ピーターラビットの村」。
                        いや「ピーターラビットのお庭」が正解かな。

                        長女が作った、「お家」



                        豆腐半丁が入ってたパックに、粘土を貼り付けて完成。

                        私が手伝った動物たち。



                        どれが何?って、聞かないで。
                        雰囲気を感じてください…。

                        そして、深夜1時に一旦終了。


                        8月29日の日曜日。

                        母に次女を預けて絵と工作を仕上げることにしました。

                        割り箸と爪楊枝で作った、畑の囲い。



                        長女のリクエストで編んだ麻カゴ。



                        こんなふうに使うそうです。



                        えいやん!!


                        さあ、部品が揃ったから、箱庭を仕上げよう。
                        「道の脇には、石の代わりに貝殻を並べようか」
                        と、去年幼稚園のお楽しみ保育で拾ってきた貝殻を出してきた長女。
                        捨てずに大事に持ってるところが私に似てるなぁと思いつつ、思い出したものが…。



                        やっぱり、あった!!
                        新婚旅行で行った石垣島で拾ったサンゴと星砂。

                        「お母さん、お父さんと2人で行ったが?私がが産まれる前?」
                        そうそう、9年前のこと。
                        「なんで持っちゅうが。すごい〜」

                        よう捨てんがよ。
                        この一言です。

                        まさか、9年後に娘の夏休みの宿題に使えるとは。
                        9年前には想像もしなかったこと。

                        「本当にこの砂は星の形やねぇ。初めて見た〜」
                        喜ぶ娘を見て、置いといて良かったなぁと思いました。
                        出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                        PR
                        ジュートラミー
                        MOBILE
                        qrcode
                        PROFILE