今日も麻日和

 麻糸を編むのがとにかく好きです
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | - |
    << 箱入り妊婦 | main | 内緒の話 >>

    最後の晩餐から初めましてまで

    0
      10月3日の日曜日。

      ママうさぎ家の完成お食事会へ参加したくて、家族に反対されて…。
      そんなやり取りを金曜日から続けていた我が家。
      やりたい放題な妊婦を心配しての反対だとは分かっていましたが、行きたい気持ちも強くてね。
      最後は、お父さんが迎えに来るってことで、参加決定。

      朝からすごい雨だった日曜日。
      「嵐の日は生まれる」って前に聞いた言葉が頭をチラリとかすめたり…。
      買い物でイオンに行った帰り、北部環状線が川になっててびっくり。
      ママうさぎ家の前も冠水してるって連絡が。

      でもまあ、準備準備。
      ピザを焼こうと思って、トッピングを切ってタッパーヘ。
      大好きなナスミート用のナスも炒めたし。
      ピザ生地は伸ばしてクッキングシートで重ねて、ケーキの箱へ。
      準備完了。



      で、時間が余ったから、焼いてみました。



      アップルパイと、チーズケーキパイ。
      チーズケーキと言いつつ、ヨーグルトの水抜きチーズ使用。
      最近、これがさっぱりしててお気に入りです。

      夕方3時過ぎ、無事に水も引いて、お食事会も予定通り開始。
      ママうさぎ家の新品コンベックに初めて火を入れて、ピザも焼いて。
      みんなで食べたら美味しい、楽しい。

      妊婦はアルコール自粛で、アルコールフリー。
      これ、カロリーもフリーらしい。



      いろんなの出てるねぇ。

      そんなこんなで、約6時間食べて、喋って、飲んで。
      妊婦が2人いたから、なぜか話題は出産のことばかりで。
      お腹を抱えて大笑い。
      子供たちはお風呂も入れてもらって。
      夜9時前、お父さんのお迎えで帰宅。
      子供たちを寝かして、お風呂に入って、11時にはお布団に。
      今日も、生まれなくて良かった良かった。


      10月4日の月曜日。

      午前1時半過ぎ、お腹が痛くて目が覚めました。
      トイレに行ったら、おしるし? ちょっと出血してました。
      お父さんを起こすけど起きてくれなくて。
      とりあえず、次女の保育園の荷物を準備してたら、ズキーン。
      きたきた。これこれ、って感じ。いきなり10分間隔。
      病院へ連絡したら、「ざんじ来てください。」
      お父さん起こして、姑さんを呼んで、2人の子供を残して家を出たのが午前2時過ぎ。

      救急外来から入って、お父さんが車を回すのを待ってたら…。
      待てん…、痛い…。
      病棟へ上がって、診察してもらったら「4センチ開いてるね、入院ね」と言われ。
      でも、もう生まれそうなんですけど。
      入院じゃなくて、分娩じゃないかと…。

      お父さんがやっと追いついてきて、2時半頃に分娩室へ。
      唸るように痛がり出した私を見て、「ご主人さん早く入院手続きしてください、間に合いませんよ」って言われて走って行ったお父さん。

      痛い…、痛い…、早く戻ってこい。
      ちゃんと見ちょけよ…。

      「先生起こしてきて、もう頭が来た」
      「ご主人さん早く枕元へ、手を握ってあげて」
      「あら、破水したね」
      「頭出ましたよー」
      「はいー、生まれましたー」

      おぎゃーおぎゃーおぎゃー

      10月4日、午前2時56分。
      3362グラムで待望の長男が誕生。

      はあぁ〜、生まれた〜〜

      「あはは、早かったわねー」
      「丸々とした男の子ですよー」
      「まあ、元気元気。あはは。」
      「僕は自分で決めて生まれてきたねー。早かったねー」
      「ほほ、本当に早かったわね。さっき診察に来たばっかりでしょう。」

      助産師さんもお医者さんも、なぜかみんなが大笑い。
      笑っちゃうくらい早くて、笑っちゃうくらい安産だったらしい。
      私はとっても痛かったぞ。
      でも、無事に生まれて良かったぁ。

      毎回、10分くらい痛がったら生まれると思ってるうちのお父さん。
      そんなものと思われるのが悔しいけど、長持ちせんがよね私。

      笑い声に包まれて、仏滅の日に生まれた僕。
      こんなに素敵な人生のスタート。
      きっと笑いに満ちた幸せな人生だと思うわ。




      病室は4人部屋だけど、患者は私1人。
      がら〜んと寂しくて。
      「生まれましたメール」を送るけど、しんどくなって中途半端に送信。
      2人でひたすら寝た月曜日。


      部屋を移って、泣き狂われた火曜、水曜。
      ベッドの上で抱いたまま眠り、助産師さんに起こされる。
      何回「預かりましょうか?」と言われたことか。
      でも、これを越えたらお母さんを信頼してくれて楽になるがよね。

      そして、10月7日の木曜日。
      飲んだら眠る。天使のような寝顔。
      「お母さん、頑張りましたねぇ」
      かまんかったら4日目で退院したいんですけど…。
      「当日の判断になりまね。赤ちゃんの診察とお母さんの診察で」



      待ちに待った、8日の金曜日。
      3日目までに330グラム減った体重も、4日目で120グラム増加。
      飲んだね〜。
      「黄疸もないし、お母さんも順調で、退院出来ますね」
      やったぁー!!

      お昼ご飯は、お祝膳。



      豪華に見えるけど、なかなかヘルシー。



      当直明けのお父さんが迎えに来てくれて、昼過ぎに退院。



      その足で、佐川の斗賀野へ。
      早くお乳が出るように頑張りすぎた反動で、お乳はカチカチに。
      邑田さんに助けてもらわないと…。

      「まあ、頑張りましたね。僕も飲むのが上手」
      褒めてもらって、マッサージしてもらって。
      いつものオリジナルブレンド茶をいただいて。



      「一時は来れないだろうから」と、豆腐としょうがの湿布を作ってお土産に持たせてくれました。

      そしてやっと我が家へ帰宅。
      2人のお姉ちゃんが駆けて来た。
      お留守番、ありがとう。

      そして、宅急便が相次いで2つ。
      1つは出産祝いのプレゼント。
      もう1つは、520メートルの麻紐3玉!!



      あはは、今日届くとは…。

      4日ぶりに並んで寝たら、5人に増えてた。
      お父さんは僕の名前をまだ悩んでる。
      長女と次女は勝手にもう「しょうちゃん」って呼んでいる。
      届出期限までにはまだ10日もあるから大丈夫。

      超早かった出産と、退院。
      無事に生んで帰って来れて、何より有難いことでした。
      出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - | - |

        この記事に対するコメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        この記事に対するトラックバック
        PR
        ジュートラミー
        MOBILE
        qrcode
        PROFILE